news

 

ケント・W・ダール写真展

 

東西~! 東西~!

 

『変わりゆく世の中で未来を模索するチンドン屋』

 

デンマーク人ジャーナリスト、ケント・W・ダールが

長年の取材で撮りためた写真を一挙公開

 

2018年10月25日(木)〜 11月4日(日)

11:00 - 18:00 (10月29日 月曜日は定休日)

 

会場:北欧の匠 3F ギャラリー祥

住所:〒104-0061東京都中央区銀座1-15-13北欧ビル

電話:03-5524-5657

 

 

 

 

 

 

 

「東西~!東西~!」

 

大阪のチンドン屋「ちんどん通信社」の林 幸治郎氏の取材を長年してきた

デンマーク人ジャーナリスト 及び映画監督のケント・W・ダール氏が撮り

ためた数多くの写真をご紹介いたします。

悲喜こもごものチンドン屋の舞台裏の一瞬一瞬を切り取った多くの写真から

は、懸命に生きるチンドン屋の息吹が伝わってくるようです。

今ではなかなか出会うことが出来なくなったチンドン屋の世界を

是非ご高覧ください。

 

 

 

 

 

ドキュメンタリー映画 「東西~!東西~!」 のご紹介

ケント・W・ダール氏が作った第6作目のドキュメンタリー映画です。

http://eyefishmedia.com/films-front.html

 

林 幸治郎氏は師匠である冨谷隆一氏を支持し無くなりゆくチンドン屋を残すべく奮闘する日々を送っています。ケント・W・ダール氏は林 幸治郎氏を

長年取材しドキュメンタリー映画「東西~!東西~!」を制作いたしました。映画は本展覧会と同時にDVDがリリースされ展覧会会場にて販売される予定

です。

 

どうぞご期待ください。オンラインで購入することもできます。 https://gumroad.com/eyefishmedia/

 

 

『 とざい、 と~ざい! そこをお通りのみなさまへ~! 』

 

チンドン屋が奏でるニューオーリンズ風ジャズやサーカス音楽、

または演歌・歌謡曲などが混じるサウンドのカクテルは、

かつての日本の商店街ではよく耳にした音の原風景だった。

チンドン屋の世界へ「いらっしゃい、いらっしゃい!」

 

十九世紀までさかのぼる日本の宣伝・広告の専門家、それがチンドン屋。

商店に雇われて、通りかかる買い物客を引き付けるのが彼らの仕事。

 

 

林 幸治郎さんはベテランのチンドン屋。

 

1984年に「ちんどん通信社」を始めて以来、大阪の商店街に深く根付いた仕事を数多くこなしてきた。

 

ところが、日本の社会環境も大きく変わり、チンドン屋の中心的な顧客であった多くの商店は、大型スーパーやモール、ネットショップの進出で激しい状況においやられている。そこで、林さんはチンドン屋を寄席芸人として、舞台やライブ公演を 通じ チンドン屋稼業を 盛り上げている。林さんが若い頃苦労して先人より習得した伝統的チンドン芸 の灯火を絶やさぬよう、チンドン屋パフォーマンス集団として大阪に古くから続く大衆演芸劇場で奮闘する様子を描いたドキュメンタリー。

 

 

 

 

 

お問合せ

  北欧の匠 〒104-0061東京都中央区銀座1-15-13北欧ビル

       TEL03-5524-5657  FAX03-5524-5658

       e-mail : info@hokuonotakumi.jp

       担当:成川恒太

 

  ケント・W・ダール氏  H.P. http://eyefishmedia.com/films-front.html

  北欧の匠  Facebook  https://www.facebook.com/HOKUONOTAKUMI/

                           (随時更新されますので時々チェックしてみてください)

 

 

Upcoming Kai Bojesen exhibitions in Denmark—and in Tokyo

 

Confirming the sustained interest in collectible toys made by the late

Danish artist, Kay Bojesen, Denmark’s renowned Trapholt Museum of

Modern Art and Design will feature an exhibition about the artist from 13th September 2018 to 10th June 2019.

 

(http://www.trapholt.dk/museum/13-kommende-udstillinger/92-kay-bojesen/)

 

It will be one of the most extensive Kay Bojesen exhibitions to date, and

will display a wide range of vintage objects designed by the famous

Danish craftsman. The Trapholt exhibition follows another Kay Bojesen

exhibition held at Sophienholm on the outskirts of Copenhagen in 2014.

 

(http://www.sophienholm.dk/side.asp?ID=1404)

 

The Trapholt museum is situated in Kolding on the Jutland Peninsula. The museum is often compared with the world-famous Louisiana Museum of Modern Art near Copenhagen.

 

On a much smaller scale, Hokuonotakumi (https://www.hokuonotakumi.jp/), a gallery in Ginza in central Tokyo, will hold an exhibition of vintage Kay Bojesen wooden toys from 25th October 2018. The toys are from the private collection of Tokyo-based Danish journalist Kent Dahl, who acquired part of the remaining inventory of toys when Kay Bojesen’s shop in Copenhagen closed in 1992. He has kept them in pristine condition in Denmark ever since.

 

The exhibition will also feature Danish hand-printed textiles by

well-known Scandinavian textile designers active in the 1950s. The

textiles are part of the small stock of items left over when Kent’s

parents closed their craft and furniture shop, E.D. Mobler, in

Copenhagen in the 1970s.